『不幸』を伝染(うつ)されないこと

今日も大きな気づきをいただきました。

 “不幸な人”というのは、(信じられないかもしれませんが)自分でその状態を選んだ上でそうなっているのです。

このことを、ふだんポジティブな人というのは(特にそれが身近な人だと)ガマンできず、「助けよう」「幸せにしよう」「元気づけよう」としてしまいます。
『ガマンできない』といえばまだ聞こえはいいのですが、
『許せない』という心情に近いのです。

そして、(する本人の中では)“親切”という名の暴力を振りかざし、その不幸な人の生活をより乱してしまうとのこと。
結果、親切な行為をしたと思っている本人も悪者になり、不幸の感染が拡大してしまいます。

だから、周囲の人ができるのは、
 “その人が選んでなっている不幸な状態を、認めて(許して)あげること”なのです。

必要以上に落ち込んでいる人・悲しんでいる人・怒っている人・イライラしている人、その人達から、その権利を奪わないということが大事になります。

3/2ぱる出版より発売!
「 逃げられない人間関係から解放される本 」
 - 苦手な人からの攻撃に悩まず自分らしく生きるための7つのステップ –

Follow me!